ギックリ腰


今回はギックリ腰についてです。

ギックリ腰は重いものを持ち上げたときや、
腰を捻ったときに起きる、腰の状態の総称で
病名は『急性腰痛症』や『腰椎捻挫』になります。

ギックリ腰の中には腰椎椎間板ヘルニアや
腰椎椎間関節症を起こしていることもあります。

症状としては、
重いものを持ち上げたときや腰を捻ったときに、
激痛とともに体を動かすことが困難になります。

通常は前かがみの姿勢をとると楽になるものの、
立っているほうが楽なことも多く、
痛みで体勢を変えることができません。

そして激痛がおさまった後、
軽い腰痛が数カ月間続く場合も多々あります。

また腰を構成している
腰椎・椎間板・筋肉・靭帯のいずれかに負担がかかり、
損傷している状態です。

腰の骨をつないでいる前方の椎間板をささえる靭帯や
後方の椎間関節が損傷してしまうと、
腰をそらすことが困難になります。

中腰姿勢をとるだけで、体重の1.5倍もの負荷
腰にかかることが知られており、
腰周囲の筋肉が物を持つ用意ができていないのに、
さらに急激な力がかかることにより、痛みが発生します。

痛みは放置せず、当院にご相談ください。

 
ライフガーデン茂原整骨院
〒297-0012茂原市六ツ野八貫野2785-1
℡ 0475-23-6003

 

[ 2015年9月29日 ]
お気軽にお問い合わせください
  • 茂原駅から徒歩10分、0475-23-6003
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る